スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷の応急手当と生理用ナプキンのすゝめ -その2-

「傷の応急手当と生理用ナプキンのすゝめ -その1-」の続きです.なんか書いてたらずいぶん長くなってしまいましたが,頑張っていきましょう!(`・ω・´)

前回は生理用ナプキンが高い吸水性を持っていることを挙げ,それに伴い数多くの利点が生まれることを説明してきました.しかし生理用ナプキンの優れた点は吸水性だけではありません.

1つは,「傷の固定が容易」 であるということです.応急手当の講習を受けた方ならよくわかるかと思うのですが,実はガーゼやハンカチって包帯で上から固定したとしても「結構ズレる」 んですよね….包帯でしっかりと固定するのはそれなりに技術がいりますし,例えば登山のように動く場合は尚更です.ガーゼがずれ動くことが傷によくないこ とは明白ですね.しかし生理用ナプキンは裏面に接着テープが張られていて布に張り付けられるようになっています.このため上から包帯を巻くとしっかり固定 でき,激しく動いたとしても生理用ナプキンが傷からずれることはなく,傷病者の苦痛を軽減できます.

ついでに,一つ当たりの価格が安い点も魅力です.例えばAmazonで確認すると個包装の滅菌ガーゼ(7.5cm*7.5cm)が10枚で600円台であるのに対して,生理用ナプキンは
20cm程度のスリムタイプでも20~30個のパックで300円台といったところです.もちろんガーゼにしろ生理用ナプキンにしろ応急手当でそこまで頻繁に使うことはありませんが,やはり生理用ナプキンは必需品な分だけ安いようです.

最後にこれまでの内容をまとめると,生理用ナプキンは応急手当において以下のような優れた性質が持つことがわかります.
  1. 緊急時の入手が容易
  2. 個包装で清潔
  3. 大きな吸水性
  4. 良好な通気性
  5. 傷の固定が容易
  6. 滅菌ガーゼより安価
これらの性質は,傷病者の苦痛や不快感を低減するだけでなく,救助者の負担をも軽減することでしょう.本当に生理用ナプキンを応急手当用に販売してほしいくらいです(笑)

さて,ここまで生理用ナプキンが傷の手当にも有用であることを見てきました.実際にこれらを持ち歩いたり応急手当に使うかはさておき,身近なモノでも意外と応急手当に役立つことがわかるのではないでしょうか.
応急手当はその名の通り応急的な手当ですので,あくまで医師に見せるまでのつなぎです.しかしそれゆえ,本格的な治療に先立ち傷病者の生死を分けるのは迅速な応急手当であることに疑いありません.身の回りにあるものは意外と応急手当に応用できるんだと事前に知っておくことは,手当の選択肢を広げ,より冷静で適切な対応につながるのではないでしょうか.そんなわけで,今回はアウトドアに伝わる生理用ナプキンの有用性についてでした!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。